未分類

未分類生まれて初めて花を贈ってみました
49年 前

生まれて初めて花を贈ってみました

開店祝いやコンサート会場や各種イベントにも飾られているスタンド花はサイズの大きな贈り物であることから、芸能人や企業の社長などが贈る高額なフラワーギフトだと思われているようですが、実際には1万円台で誰でも手配ができます。

花には送り主の名前や企業の名前を書いた名札と言われるプレートを付けます。大勢の人が集まるイベント会場等の場合は、贈った側の存在を宣伝する役割も果たしてくれるため、より大きく目立ちような花が求められるようになりました。

花を選ぶ際は、開店するお店の雰囲気や、受け取る人にふさわしいお花を贈ることが大切です。相手のことや花のことがよくわからない場合は、仕上がりは花店にお任せがおすすめです。相手の好きな色やお店の雰囲気にあうデザインなど、花の希望があれば伝えましょう。

ただ、あまり細かく注文を付け過ぎると値段が高くなったり、アレンジが難しくなったり、全体のバランスを欠いてしまいますから注意が必要です。

スタンド花には名札をつけますが、基本的には送り主の名前を書きます。開店祝いや演奏会などにはお店の名前や出演者の名前を書く場合もあります。熨斗の代わりとなる名札ですのでお祝い事には付けて贈るようにしましょう。

名札の書き方や字の色や大きさにもある程度マナーがありますので、よくわからない場合は花屋におまかせするのが無難です。
花についてより詳しくはこのページが参考になります→http://xn--zckm4a9l7731b.net

wp_sv_675_62310 Administrator